音とかたち

月夜の晩に、ボタンが一つ
波打際に、落ちてゐた。
    ……
月夜の晩に、拾つたボタンは
どうしてそれが、捨てられようか?
− 中原中也 在りし日の歌 「月夜の浜辺」−

HARCO書き下ろしの歌うように紡ぎ出されたピアノ。
吉田次朗のアトリエで生まれたモノたちが動き出す。
今静かに一編の詩の世界はまわりだした。